Ito Yokado

衣替えの時にちゃんとしておきたい“ファッションケア”

2018/9/25up

※一部店舗では取扱いの無い商品がございます。

掲載商品はオムニセブンでもご購入いただけます。

  • facebook
  • twitter
  • LINE

そろそろ衣替えのシーズン。今夏は特に暑かったので、使用していた衣類の汗染みや皮脂汚れなどしっかりとケアをしてから収納することが大切です。夏服の“ファッションケア”をして、秋服へと衣替えしましょう!

◆“しまい洗い”で来年もキレイに服を着よう!

お気に入りの服こそ、来年もキレイに着たいですよね。そのためには、目に見えない汚れをきちんと落としてからしまうのがポイントなんですよ。ファッションケアで一番大切なのは“しまい洗い”。これをしっかりしておくことで、来年もキレイな状態で服を着ることができますよ!!

・“しまい洗い”って何?

洗濯後、いつものようにクローゼットに収納していた服をそのまま収納ボックスに入れて衣替えする人もいるでしょう。しかし、翌年着るときに服を広げてみたら黄ばみや虫食いができていた・・・ということはありませんか?“しまい洗い”とは、衣替えの前に服をもう一度洗うこと。「すでに洗ってある服ももう一回洗わないといけないの?」と驚く人もいるかもしれませんが、お気に入りの服ほど、丁寧な“しまい洗い”で服の劣化を防止することをオススメします!!

◆“しまい洗い”のやり方

①まずはしっかり皮脂汚れを落とす。

日頃は洗濯機の自動洗いをしている人も、しまい洗いの時はひと手間かけて皮脂などの汚れを落としましょう!

・軽い皮脂汚れ。

あまり目立たない汚れは”食器用洗剤”でも落とせます!

・濃いめの皮脂汚れ。

ちょっと目立つ汚れは”酸素系漂白剤(液体)””歯ブラシ”を使ってキレイに!

など使い分けて、洗いましょう!すすぎからは洗濯機にお任せでもOKです。キレイなお水を使って下さいね。

②衣類はしっかり乾かしてからしまう

衣類が湿気や水分を含んでいると、カビや黄ばみを発生する原因にも。洗濯表示に従って、充分に乾燥させてから収納しましょう。

◆浴衣や水着も“しまい洗い”を忘れずに!

夏の間に着た浴衣や水着。あまり着ていないから…とサッと水洗いだけで済ませてしまうのは黄ばみの原因になります。着用頻度に関わらず、一度袖を通したものはしっかりとケアすることが長持ちの秘訣ですよ。水着も浴衣などは、おしゃれ着用洗剤などでやさしく洗ってキチンと乾かしましょう!

◆ちゃんと収納して夏服を守ろう!

しっかりと“しまい洗い”をして、乾燥させたら衣替えです。除湿剤や防虫剤などをうまく利用して、大切な衣類を湿気やダニなどの害虫から守りましょう。パーフェクトなファッションケアで、来年もお気に入りの服を着ましょうね♪

除湿剤はこちら

防虫剤はこちら

セブンプレミアム洗剤はこちら

おしゃれな人は洋服を大切にできる人。今夏お世話になったお気に入りの洋服をケアして、来年も素敵に着こなしましょう。

※店舗により取扱いのない商品がございます。
掲載の本体価格は、税込価格から計算しています。
数量限定の商品はなくなり次第終了とさせていただきます。
掲載の割引・ポイントプレゼント企画は他の割引・ポイントプレゼント企画との併用はできません。
鮮魚品・寿司は天候不順等により産地・一部内容の変更及び水揚げのない場合はご容赦ください。
生鮮品・惣菜の写真はイメージです。