Ito Yokado

【包丁の研ぎ方】切れ味で料理が変わる!家の包丁、大丈夫?

2017/3/7up

※一部店舗では取扱いの無い商品がございます。

掲載商品はオムニセブンでもご購入いただけます。

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter
  • LINE

突然ですが、みなさんは包丁のお手入れをしていますか?買ってそのまま使い続けている人、案外多いらしいですよ。「お手入れ」って聞いただけで面倒くさいイメージだけど、実はとっても簡単!今回は万能包丁の研ぎ方を中心にご紹介します。切れ味で料理は変わるもの!今日からさっそくお手入れをしてみましょう!!

◆包丁の研ぎ方はとても簡単!
今まで研いだことがない人はまずは角砥石を使いましょう。
【準備】
① 砥石から気泡が出なくなるまで水にしっかり浸します。(10分くらい)
② 汚れてもよい布巾をずれ防止に敷きます。

【開始】
① 刃を3分割するイメージで順に研いでいきます。
② 砥石に対して包丁の角度は45〜60度で。
③ 砥石に対して刃の角度は15度を保ちます。(10円玉2枚分が約15度です)

④ 力を入れず、包丁を押す時も引く時も同じ力で行いましょう。
⑤ 3分割を均等に20回ずつ繰り返します。

⑥ 乾いてきたら砥石に水を少しかけます。
⑦ 研ぎ汁が出てきますが、研磨作用があるので完了するまで洗わないでください。

⑧ 反対面にバリ(刃返り)ができていたらうまくいった証拠です。

⑨ 反対面も⑤同様に研ぎます。
⑩ 反対面も刃返りができていたら、2〜3回研いでバリをなくしましょう。
⑪荒砥、中砥がある場合は、荒砥から行い、中砥も同じ工程をしてください。
【完了】
① 包丁はよく洗い、水気を切ってください。
② 砥石は水洗いをし、影干しして乾かしてください。

◆切れ味はどう違う?
包丁の研ぐ前と研いだ後ではこんなに違うんです!!切れ味を確認してみるとその差は歴然。

野菜やお肉がスルスル切れるので、お料理するのが楽しくなりますよ♪

◆どんな砥石がいいの?
初めての人は、荒砥と中砥がコンビになっているものが便利!

コンビ砥石
¥1,887(税込¥2,037)

一週間に一度の簡易お手入れはこれ!切れ味長持ちですよ!

シャープナー各種

その他のバリエーションもご用意しております。

切れない包丁は切るのに変な力が加わったり、滑ったり・・・。かえって危ないんですよ。しっかりと包丁をお手入れして、料理の腕をあげましょうね!

※店舗により取扱いのない商品がございます。
掲載の本体価格は、税込価格から計算しています。
数量限定の商品はなくなり次第終了とさせていただきます。
掲載の割引・ポイントプレゼント企画は他の割引・ポイントプレゼント企画との併用はできません。