close

  • twiiter
  • facebook
  • LINE

気分はすっかり春! 店頭にも今年らしい春アイテムが所狭しとお目見えし、思わず目移りしてしまいそうですが、今年、本当に使えるアイテムはどれ?そんな方に、スタイリスト加藤万紀子さんが、この春絶対使える4アイテムをご紹介。ビタミンカラーのカーディガンや、デニムのシャツワンピなど、どれも今年っぽいのに、気負いなく着られて、手持ちの服とも相性のいいアイテムばかり。これさえあれば、春コーデにもう悩むこともなし!

photo : Hideyuki Seta / styling : Makiko Katou/ hair&make-up : Nobuyuki Kogo / model : Sherry Murakami/ text : Rie Murata / edit : Advex2

加藤万紀子さん

加藤万紀子さん プロフィール

  • 加藤 万紀子(1979 4 25 静岡出身)
  • 松島三季に師事、2009年に独立。
  • 女性ファッション雑誌を中心に活躍。
  • またタレントからの指名も多く、親しみやすいスタイリングで定評。

シャツワンピを前開けして、スプリングコート変わりのレイヤードスタイル。

シャツワンピを前開けして、
スプリングコート変わりの
レイヤードスタイル。

Styling Comment

1枚あると便利な、シャツワンピース。ワンピとしてノーマルに着こなせるほか、シャツのボタンをすべて開ければ、さらりと羽織れるスプリングコートに早変わり!パンツ&カットソーの何気ないコーデに羽織って、小粋なレイヤードの完成させて。ちょっとした春のお出掛けにもぴったり。

Point

ヒップ周りや、太ももが気になるスキニーパンツに羽織れば、おしゃれに見えるうえに、体型カバーにもなって一石二鳥。

Item

ボーダーニット×白シャツで、体型カバー&アクティブスタイルの完成!

ボーダーニット×白シャツで、
体型カバー&アクティブ
スタイルの完成!

Styling Comment

ネイビーのボーダーシャツに白シャツをイン!白シャツのレフ板効果で、ぱっと顔が明るくなり、ヘルシーな着こなしを実現。さらに、シャツの裾をアウトにすれば、ちょうど気になるヒップ周りのハリをカバーしてくれる効果も期待大。

Point

インのシャツは、下のボタンは留めず着用。ニットの裾から出すことで、お尻周りを目くらまし。

Item

春めくキレイめカラーを投入して、マンネリコーデが見違える!

春めくキレイめカラーを投入して、
マンネリコーデが見違える!

Styling Comment

ワードローブの定番、シーズンレスなコットンの白シャツとベージュパンツの組み合わせ。見飽きたコーデを生まれ変わらせたのは、春色カーディガンの肩掛け。見慣れたいつものスタイルが、鮮やかにブラッシュアップ!春カラーで気持ちまで華やぐコーディネート。

Point

パンツはロールアップして、足首を見せて女性らしさを演出。

Item

ベージュのグラデーションで、派手色トップスをなじませて。

ベージュのグラデーションで、
派手色トップスをなじませて。

Styling Comment

発色のいいオレンジのカーディガン。コーディネートのポイントとして活躍させたいところだが、色味が強すぎて、浮いてみえないかも気になるところ。ここは、ベージュのなじませカラーの出番! ほどよくオレンジの彩度を軽減し、ちょうどいいと思わせるトーンに見せてくれる。

Point

重く見えないよう、手首と足首は、ヘルシーに肌見せすればパーフェクト!

Item

半端丈パンツが主役!バランス重視のコーディネート。

半端丈パンツが主役!
バランス重視のコーディネート。

Styling Comment

半端丈に膝下ワイドと、バランスがとりにくいパンツを主役に。考えるべきはパランス。トップスはインしてコンパクトに、足元はウエッジヒールで高さを出すのがポイント。ほんのり70年代風のテイストを薫らせて、旬の着こなしに導いて。

Point

トップスはコンパクトに、さらにポイントカラーで目線を上に誘導し、スタイルアップを狙って。

Item

定番スタイルを春気分に
アップデートしよう!

ご紹介しているコーディネートはイトーヨーカドーネット通販または店頭で購入いただけます。便利なネット通販をぜひご活用ください。

ネット通販でその他の
商品を見る

  • twiiter
  • facebook
  • LINE