男はONスタイルこそキメる Weekly 着回しコーデ シャツ特集

  • twiiter
  • facebook
  • LINE

カッコいい男性の第一条件、それはONスタイルの着こなしが上手だということ。光沢感漂うワイシャツで大人っぽくビシッと決まっていれば、周囲から羨望の眼差しで見られることも。素材にもこだわって、柔らかでシワになりにくいものを選ぶのがマスト。というわけで今回は、脇役ながら超重要なワイシャツをチェック!

photo:Hideyuki Seta / styling:Nobuyuki Egawa / hair&make-up:Nobuyuki Kogo / model:ryuya / text:Daigo Iima / edit:Advex2

1 Coordinate 王道スーツスタイルはストライプシャツ使いが決めてに

王道スーツスタイルは白シャツ使いが決めてに

シンプルなストライプ柄にレジメンタルタイを合わせて、スーツスタイルを上手に味つけ。紺ジャケとグレーのスラックスというオーソドックスな着こなしでスマートに見せつつも、ネクタイでさりげなく遊び心を取り入れている。

2 Coordinate 爽やかなブルーシャツでアフターファイブを颯爽と

爽やかなブルーシャツで

Point

Point

ラフな印象を加えたいなら第一ボタンを外してみるのが良い。適度に砕けた雰囲気を演出できる。ただし、それ以上開けるのは厳禁!だらしなさが強まってしまうので要注意だ。

今日はアフターファイブに備え、少しだけカジュアルな出で立ちに。涼しげなブルーシャツの色味と呼応するように、青のボーダー柄となったニットタイをセレクト。またタイとバッグの柄を合わせバランス調整もバッチリ!

3 Coordinate ネクタイを目立たせる最高の引き立て役!

ネクタイを目立たせる最高の引き立て役!

クリーンかつシンプルなシャツで、爽やかなネクタイの青色を強調している。プラスワンの色をより一層引き立たせるから、まるでキャンバスのような存在に。細身シルエットもスタイリッシュな雰囲気作りに一役買っている。

4 Coordinate この秋のジャケットスタイルはブルーを上手に取り入れて

夏の爽やかスーチングはブルーを上手に取り入れて

Point

Point

男らしさを醸し出す一工夫として袖まくりがオススメ。ただしやり方にもコツがある。肘上まで全て持ち上げた後、重なった部分を細めに折っていく。そうすると今っぽい袖まくりが完成する。

今日はダークな紺ジャケットにグレースラックスという定番スタイルで出社。少々重さを感じさせる組み合わせながらも軽快な印象なのは、シャツとタイで清々しい青色を差しているから。その清潔感のある雰囲気が好感度大!

5 Coordinate 涼やかな彩りで周囲に差をつける!

涼やかな彩りで周囲に差をつける!

動きやすくジャケットを片手に持つのが基本。それはワイシャツのこなしがスタイルの印象を左右する。そこでオススメしたいのがクールな印象を与えつつ、着こなしを引き締めてくれるブルー。周囲と差がつくこと間違いなし。

※ベルト・靴・鞄などはスタイリストの私物を含みます。

Product Introduction

  • ストライプ柄が相乗効果を発揮

    ストライプ柄が
    相乗効果を発揮

    さりげなくストライプの入った白シャツ。スタイリッシュなシルエットを形成でき、着心地も良い。また柄の縦長効果がすっきり感を強調する。

  • 爽やかな印象と肌になじむ着心地を

    爽やかな印象と
    肌になじむ着心地を

    爽快感のあるアイスブルーが好印象な一着。しなやかで肌触りが良いため着心地は抜群。また形態安定素材により洗濯後もプリーツを維持するため、何度洗濯してもアイロンをかけたような仕上がりに。

  • 紫のストライプが大人っぽさを演出

    紫のストライプが
    大人っぽさを演出

    こちらも他2品と同じく形態安定素材を採用。薄いパープルのストライプが入っており、より大人っぽい華やかな雰囲気を演出できる。着心地の良さや利便性も嬉しいところ。

  • ドレス感を強調し華のある雰囲気に

    ドレス感を強調し
    華のある雰囲気に

    一見シンプルなライトブルーのシャツながら、さりげなく表面に立体的な隆起が施されたワザありな一品。通常のものよりエレガントでドレッシーな印象。もちろんこちらも形態安定素材。

商品詳細はこちら

  • twiiter
  • facebook
  • LINE