Ito Yokado

【うなぎアレンジ】今年はうなぎでおうちカフェを楽しもう!

2019/7/2up

  • facebook
  • twitter
  • LINE

毎年楽しみにされている方も多いのでは?「土用丑の日」がやってまいります!うなぎの蒲焼きをそのまま食べるのも美味しいですが、今回はパーティーなどでも使える「うなぎの蒲焼きアレンジ」をご紹介します!いつもと違った食べ方を楽しみましょう!

★うなぎの蒲焼きカフェ風レシピ5選!

和のイメージがあるうなぎですが、「うなぎの蒲焼き+洋風アレンジ」が意外にも合います!見た目もオシャレなアレンジをご紹介しますね♪

●パンに挟むだけ!「うなサンド」

実はうなぎのタレとパンは相性バツグン!パンに挟むだけで簡単にカフェ風メニューに変身♪甘〜いオムレツを入れてボリュームアップさせるのがオススメ!

●見た目もおしゃれな「うなガレット」

ガレットにうなぎを乗せてもすごく美味しいですよ。目玉焼きにトマト、シソなどを散りばめると風味がアップ!おしゃれメニューの出来上がり♪

●お酒のお供にも「うなチーズカナッペ」

チーズを土台にしたカナッペでうなぎを楽しみましょう。チーズのコクと香ばしいタレがマッチ!お酒のおつまみにもぴったり!

●つまみやすくて◎「うなピンチョス」

うなぎの蒲焼きをピンチョスなどに刺して食べるだけで、いつもと違う印象に。うなぎだけでも美味しいですが、きゅうりやナスと合わせるとより夏らしくて◎シールなどで串の持ち手を飾りつけると、可愛さがアップしますよ!

●さっぱり食べられる「うな生春巻き」

うなぎとシソ、春雨、キュウリなどの具材で生春巻きを作っても美味しい!蒲焼きに味がついているから、タレ要らずでつまみやすいのもポイント♪

◆土用丑の日は他にも縁起の良い食べ物があります!

ちょっとした豆知識をご紹介します。実はこの季節にはうなぎ以外にも、栄養効果が高く、土用の丑の日に食べるとよいと言われるものがあるのをご存知ですか?
「土用しじみ」「土用もち」「土用たまご」……
なんていうものがあるんですよ!

●「土用しじみ」

昔から「しじみはお腹の薬」と言われ、土用の丑の日に食べられていたのが「土用しじみ」と言われています。旬は、夏と冬の2回あり、それぞれ「土用しじみ」と「寒しじみ」と呼ばれています。

●「土用たまご」

土用の時期に産み落とされた卵は栄養がつくと言われ、昔から「土用たまご」として食べられていたと言われています。

●「土用もち」

お餅は「力もち」、小豆は「厄除け」の意味があり、土用餅を食べると暑気や厄を払うと言われています。

ネット通販「うなぎ特集」はこちら

いかがでしたか?この時期は食べ頃のうなぎをたくさん見かけますね♪いつもどおり食べても良し!アレンジして味わっても良し!今年もうなぎを美味しく楽しみましょう♪

※店舗により取扱いのない商品がございます。
掲載の本体価格は、税込価格から計算しています。
数量限定の商品はなくなり次第終了とさせていただきます。
掲載の割引・ポイントプレゼント企画は他の割引・ポイントプレゼント企画との併用はできません。
鮮魚品・寿司は天候不順等により産地・一部内容の変更及び水揚げのない場合はご容赦ください。
生鮮品・惣菜の写真はイメージです。