Ito Yokado

体の“三首”を温めるだけでポカポカ!冬の寒さに負けない体づくりを始めましょう。

2021/10/12up

※一部店舗では取扱いの無い商品がございます。

掲載商品はイトーヨーカドーネット通販でもご購入いただけます。

  • facebook
  • twitter
  • LINE

冬になると手足や体の冷えに悩まされる人が多くなります。冷えは、筋肉不足や運動不足、ストレス等が大きな原因ですが、それ以外にも体をしっかり温めていないからこそ、体の冷えが増している人も少なくないようです。体を効率的に温めるには「三首」をしっかり保温すること!三首とは「手首」・「足首」・「首」の3箇所。まずはこの部分を温めて、体の内側からポカポカに。今年の冬を快適に過ごすアイディアをご紹介します。

◆冷えない体を作るために、ひょっこり顔を出している「三首」をしっかり温めましょう。

首や手首、足首。これら「三首」は脂肪がつきにくく、皮膚のすぐ下を太い血管が集中して通っているため、外気の影響を受けやすい場所なんですよ。気温が低いと一番に冷えてくるところでもありますから、気をつけましょう。
逆に言えば、この三首を上手に温めれば、体の冷えをぐっと抑えることができます。冷え性を改善したいと考えている人は、まずは「三首」を温めることですよ。

◆一番酷使している手の保温を重点的に!「手首」の温活からスタート。

「手首」の冷えを気にしている人は案外少ないかもしれません。しかし、日頃からスマホやパソコンなどで酷使している手首こそ、しっかりとケアをしてあげましょう。
手首や手指のストレッチを1時間に1回行うことを心がけ、外出時には手袋を着用するなど手首を守る生活を心がけてみましょう。家の中にいるときは、手首を温めるアームウォーマーやサポーターなどをつけるのもおすすめですよ。

◆見落としがちな「足首」をしっかり保温!体の芯からポカポカになる工夫をしましょう。

つま先が冷たく、足のむくみで悩んでいる方はいませんか?まずは足首を温めることから始めましょう。足首には体の冷えに効くツボが集中しているので、家の中にいる時もレッグウォーマーを着用する習慣を身につけて。不要な靴下のつま先を切って履くだけでも、レッグウォーマー代わりになります。家の外と中で同じものを履きたくないという方にはおすすめですよ。気づいた時には、足首を回す習慣も取り入れてくださいね。

◆おうちの中にいる時も「首」を温めて、体感温度をあげましょう。

外出する時は皆さんストールやマフラーを身につけて出かけますよね。それは体が首の寒さから体の冷えに通ずることを知っているから!一番体温の上昇を感じやすい「首」をしっかりと温めることで自律神経を整える効果もあります。家の中でもネックウォーマーを身につけることで首を保温してあげましょう。首も1時間に1回は首回しをするなど簡単なストレッチをしてくださいね。肩こりにも効果的ですよ。

◆簡単ソーイング!“小豆カイロ”でじんわり「三首」を温める習慣を。

麻や綿の着なくなった服はありませんか?手ぬぐいでもOK!お気に入りの生地などで小豆のカイロを作りましょう。ミシンなら楽々♪手縫いでも直線縫いだから簡単ですよ。使わなくなった布の小袋などでも再利用できます。内袋に小豆を入れてレンジで温めれば、あっという間に完成!「三首」をじんわりと温めて冷えと疲れを取りましょう。疲れた目元にも使える万能カイロなので、1日の締めくくりにもぴったりですよ。

使用するときは内袋を600wの電子レンジで1分ほど温めカバーに入れて使います。レンジによって温まり方が異なるため、最初は少しずつ温めて確認してください。

首、足首、手首を温め、体のポカポカ度がいつもと違う!と感じられたら、習慣化しましょう。毎日のちょっとしたひと手間が体質改善につながりますよ。体が温まると血流もよくなり、疲れにくい体もゲット!今年の冬を快適に過ごしましょう。

※店舗により取扱いのない商品がございます。
掲載の本体価格は、税込価格から計算しています。
数量限定の商品はなくなり次第終了とさせていただきます。
掲載の割引・ポイントプレゼント企画は他の割引・ポイントプレゼント企画との併用はできません。
鮮魚品・寿司は天候不順等により産地・一部内容の変更及び水揚げのない場合はご容赦ください。
生鮮品・惣菜の写真はイメージです。