Ito Yokado

おうちグリーンで毎日の生活に彩りを!

2022/4/26up

  • facebook
  • twitter
  • LINE

おうち時間が増え、いつでも家の中は居心地良い空間にしておきたいですね。観葉植物を飾ったり、花を活けて楽しんだり、新しい花瓶を買うなど、毎日の暮らしに彩りを添えてみませんか?

ポカポカと暖かい季節の陽気はとても気持ちがいいですが、それは植物にとっても同じ。観葉植物を育てたり、ガーデニングを始めるのにぴったりの季節です。自分好みの観葉植物や花を選んだり、置く場所をイメージしたり、育てやすさを調べたり、やることはたくさんありますが、お部屋の中が素敵にチェンジできたら嬉しいですよね♪植物のある暮らしに、リラックス効果を感じることができるはずですよ。

◆存在感ある観葉植物は“置き場所を考えてから”購入を

観葉植物を購入するときは、家のどこに迎え入れるかを事前に考えましょう。置き場所によって、高さや横幅が決まってくるのはもちろん、日を好む植物かそうでないか、水やりの頻度などその場所に合った観葉植物を選ぶことが大切です。植物も生き物、大切に育ててあげてくださいね。

キッチンカウンターや窓辺、ダイニングテーブルなど、ちょっと目につく場所に小さめの観葉植物を飾ってみましょう。グリーンが風景に差し込まれるだけで、爽やかな風が流れますよ。種類の違う観葉植物を選んだり、背の高さを変えたり、いくつか置くことでオシャレ感がアップ♪試してみてくださいね。

お庭がなくても、部屋に大きな植物があるだけで心地よい空間になります。存在感のある大きめな観葉植物を、シンボルツリーとして日の当たるリビングに置くのがオススメです♪みずみずしい植物の生命感溢れるパワーで、リビングが安らぐ場所になりますよ。

◆お部屋のインテリアとして楽しむなら“鉢”にもこだわりを

観葉植物はお部屋のインテリアのテイストに合わせた植木鉢にするのがオススメです。それだけで、お部屋との統一感が出てスッキリした印象になります。さらに、台やスタンドに乗せたり、天井や壁からハンギングしたり、飾り方もさまざま。植物の特性も考えつつ、お部屋に合ったものを選んでくださいね。


◆気分に合わせて“切り花”を飾って癒されましょう

観葉植物に抵抗がある人は、切り花なら気軽に取り入れられますね。気分に合わせて、部屋に飾る習慣を作りましょう。色とりどりの花が、部屋を華やかにしてくれますよ♪
切り花の寿命は季節や気温により変わりますが、花が弱る主な原因は水分不足。そして、水中のバクテリアが増えることだといわれています。1日でも長くきれいな状態を保つためのポイントを紹介しましょう。

簡単なことを少し意識するだけでお花の寿命は長くなります。日常に花のある豊かな暮らしを楽しみたいですね。


◆捨てる前にちょっと待って!“リボベジ“でほっこり♡お部屋にグリーンを

“リボベジ”とはリボーンベジタブルの略で、再生野菜を意味します。日頃、料理をするときに切って捨ててしまう部分、野菜のヘタや根っこの部分などを水につけて再生させましょう。土や鉢などの用意は不要!あまった瓶やプラスチック容器などに水を張り、ヘタを入れておけばみるみる育ちます♪リボベジで収穫して食べるもよし!お部屋を彩るグリーンとしても楽しめますよ。

◆簡単!キッチンでできる“リボベジ”にトライ!

お皿や食品の空き容器など、あえて容器を準備しなくても簡単に始められるリボベジ。上手に育てるには少しコツがありますが、コツさえつかめばとっても簡単!ぜひ挑戦してみてくださいね。

新緑の季節、家の中にも植物を取り入れることで、身も心もみずみずしくイキイキと過ごすことができますよ。観葉植物や切花はもちろん、リボベジにもトライしてみてくださいね。新しい植物をお家に招き入れ、豊かな毎日を過ごしましょう。

※店舗により取扱いのない商品がございます。
掲載の本体価格は、税込価格から計算しています。
数量限定の商品はなくなり次第終了とさせていただきます。
掲載の割引・ポイントプレゼント企画は他の割引・ポイントプレゼント企画との併用はできません。
鮮魚品・寿司は天候不順等により産地・一部内容の変更及び水揚げのない場合はご容赦ください。
生鮮品・惣菜の写真はイメージです。