「東北かけはしプロジェクト」とは

かけはし

2011年11月より「東北の思いと応援している全国の皆様の思いをつなぐ」をテーマに 岩手県、宮城県、福島県の行政や、東北被災企業、大手食品メーカーと協同で 3か年計画でプロジェクトを立ちあげました。


発足7年目を迎える本年は”共に創る”をテーマに、今後も地域の企業・生産者の皆様と連携した地域活性化を進めてまいります。
各行政様や各企業・生産者の皆様と共に、震災被害を乗り越え、季節に応じた”旬”の食材をピックアップし、地域食材の魅力、日本の食の魅了を最大限にお客様にお伝えすることにより、復興支援および日本の食文化向上の一助となるべく努めてまいります。

東北かけはし

奥州こくみ鶏
約60日間じっくり育てることで、
旨みとほどよい食感を
堪能できる鶏肉に仕上げました。
こだわりのエサも美味しさに繋がる
重要なポイントです。
さらに鶏が自由に動き回ることのできる環境
(平飼い)で、健康的に育てました。


詳しくはこちら

いわて遠野牛
東北岩手の生産者・遠野市・
イトーヨーカドーの三者がタッグを組み、
美味しいお肉を作るべく研究を重ねています。
エサにこだわり、遠野市内で作られた米を
飼料米として与えています。
また、繁殖から肥育まで、
一貫した生産を行っている牛もいます。


詳しくはこちら