「東北かけはしプロジェクト」とは

かけはし

2011年11月
「東北の思いと応援している全国の皆様の思いをつなぐ」をテーマに岩手県、宮城県、福島県の行政や、東北被災企業、大手食品メーカーと協同で3か年計画でプロジェクトを立ちあげました。
しかしながら、復興も未だ遅れており、まだまだ立ち向かい続ける必要があります。
支援の継続で多くの生産者の「力」になっていくこと、ひとつになって盛り上がる瞬間・笑顔になれる場を作っていくこと、を目指します。
そして、2014年7月から新たなステージの柱となるコンセプトは、
「東北と、ともにつくる、ともに歩む。」
私たちは、東北の生産者の方々と一心同体となる。
少しずつ、ひとつひとつ、確実にステップを経て。
東北の商品の「新しい価値」を、「本当に良いもの」を、全国のお客さまへお届けしたい。
そういう想いをこめて、プロジェクトを進めてまいります。

東北かけはし

奥州こくみ鶏
約60日間じっくり育てることで、
旨みとほどよい食感を
堪能できる鶏肉に仕上げました。
こだわりのエサも美味しさに繋がる
重要なポイントです。
さらに鶏が自由に動き回ることのできる環境
(平飼い)で、健康的に育てました。


詳しくはこちら

いわて遠野牛
東北岩手の生産者・遠野市・
イトーヨーカドーの三者がタッグを組み、
美味しいお肉を作るべく研究を重ねています。
エサにこだわり、遠野市内で作られた米を
飼料米として与えています。
また、繁殖から肥育まで、
一貫した生産を行っている牛もいます。


詳しくはこちら