TOPページへ 企業情報 CSR イトーヨーカドーのCSR トップメッセージ

トップメッセージ

社会課題に向き合い、
地域になくてはならない
かけがえのないお店を目指して

1920年の創業から100年余、私たちはお客様やお取引先様、従業員など様々なステークホルダーから信頼を頂ける誠実な企業でありたいと願い、事業を行ってまいりました。この普遍的な理念を大切にしながら、お客様に豊かな暮らしの提案をしながら、地域のコミュニティとして社会課題の解決に貢献したいと考えています。

世界ではいま、地球温暖化、資源の枯渇、食糧問題など、さまざまな社会課題が山積しています。脱炭素社会、循環型社会を実現するべく、CO2排出量の削減やサーキュラーエコノミーの取組、フードロス等の環境問題、自然災害の備えなど、社会課題の解決に積極的に関与して取り組むことがサステナブルな社会づくりのために不可欠です。

地域社会での身近な問題への取り組みも進めています。少子高齢化社会、女性の社会進出、買物に不便を感じている方の増加といった社会の変化に対して、地域の皆様との対話を通じて考え、行動に移してまいります。店舗を地域のコミュニティとして、無料の子育て相談、店内投票所など、誰もが気軽に利用しやすいサービスを提供します。そして、バリアフリー設備の充実や、従業員に対する認知症サポーター養成・ノーマライゼーション教育を実施することにより、誰もが安心してご利用いただけるお店づくりを進めてまいります。

また、一緒に働く従業員の働きがいに注力し、自らのやりがいを発揮できる職場環境、風土づくりを進めてまいります。ワーク・ライフ・バランスも必要不可欠と考えており、多様な働き方に対する制度の充実も図ってまいります。お客様一人ひとりにご満足いただくことを目指して、自ら考え、改革し、新しい価値を創造する人材の育成に取り組んでいきます。

これからも、ステークホルダーの声に真摯に耳を傾け、地域の皆様に信頼され、地域とともに成長するイトーヨーカドーを築いてまいります。

(株)イトーヨーカ堂 代表取締役社長

山本 哲也